ECF

代表あいさつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イー・シー・エフWebサイトをご覧頂き誠にありがとうございます。代表の比嘉築と申します。

地理的条件から産業に乏しいと言われていた沖縄も、昨今はICTの発達により首都圏および世界と十分渡り合える環境が整ってまいりました。しかし、ご承知のとおり県内の経済状況は決して自慢できるものではありません。

そもそも「景気が良い」というのはお金がよく回っているということを表しています。消費が増えれば誰かが儲け、その儲けた誰かがいつもより多くの消費を行う。何かをきっかけに各個人が今より少しだけ多く稼ぐことができ、その分を消費に使うことになれば簡単に経済は活性化するのです。それくらいなら現状の沖縄でもすぐにできるのではないか?私はそう考えています。

当然、言うは易しです。ではそのために弊社ができることは何かを考えてみました。ベースとなる構想は2点です。

  1. 平均的な技術力の向上で沖縄県全体の賃金増・受注増を目指す
  2. 多様な働き方を許容し、これまで切り捨てられていた労働力を確保する

技術力の向上は県内で定期的に個人向け勉強会を企画し、企業活動に依存せずとも技術の共有や初学者へのフォローを行っていくことで実現していきます。
また、多様な働き方に関しては在宅ワークおよび短時間就労のモデルケースを実現し、これまで個人的な事情で一般的な雇用スタイルが難しかった技術者を確保していきます。

もちろん問題解決が一朝一夕にできることとは考えておりません。弊社でも通常の業務をこなし収益を上げながら少しずつ理想を実現していこうと考えております。多くの沖縄県内外の皆様のご賛同・ご支援をいただきながら、子どもたちに理想郷をプレゼントできるよう頑張ってまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*